fbpx

バイヤー 野須子が行く! 【第6回】中国・上海編

こんにちは、バイヤーの松田野須子です。
今回は、中国・上海の展示会に行ってきました。私が行ったのは5月末。上海は春が短いので、5月といえども夏の日差しが出ていました。また、6月の梅雨シーズンを迎える時期とも重なり、雨や曇りの日も増えジメジメとしていました。
展示会はというと、会場の広さ、人の多さ、出店数の多さなど、さすが中国という感じ。そんななか、さまざまな情報を得ることができました。

さて、それでは早速、第6回目のコラムにいきます。
参加した展示会は下記の通りです。

● 展示会名:中国国際ビューティーエキスポ2018
● 日時:2018年5月22日(火)〜24日(木)
● 会場:Shanghai New International Expo Center
● 国:中国・上海

「中国国際ビューティーエキスポ」は、23回目を迎える中国屈指の美容展示会です。世界各国から3,500以上の美容に関する企業(卸、プラットフォーム、成分、パッケージ、OEM,ODM,OBM、工場、資材等)が出店していました。

さて、私の中での今回の展示会の注目点は、

・化粧品市場の流通額や市場が日本企業にどう影響しているのか
・made in Japanの今後はどうなっていくのか
・展示会場に「日本館(Japan Beauty)」はどんな感じなのか

など、やはり中国×日本との関係性に焦点をあてて参加してきました。

しかし、いざ会場に入ろうと思っても、人、人、人、、、会場に入るまで1時間ほど並びました。本当に凄い人で、世界各国からバイヤー、業者、企業が集まっており展示会の人気の高さを感じました。
そして、会場がとにかく広い! 今年は新しくなった中国国際ビューティーセンターで開催されたのですが、広さは260,000sqm(1坪=約3sqmとして=約9000坪)。東京ドームの6倍の広さに相当するそうで、私が目指す日本館までは入り口から徒歩15分程・・・。
途中、連絡バスみたいなのが走っていたのですが、乗り方が分からず、ひたすら歩きました(笑)。

やっと到着した「日本館」というと、これまた凄い人でmade in Japanの人気を象徴していました。
出店状況はいうと、日本で認知度のある大手企業もちらほら出店していたのですが、意外に面白かったはいわゆる「越境市場」で人気、認知度が上がったブランドや企業が多く目についたこと。私の中国のクライアントがベンチマークで提出してくる商品ばかりです。
もちろん、出店のタイミングでほとんどは正式輸出対応に切り替えているのだろうけど。

以前、中国の化粧品セミナーで「越境は空中戦」、「正式輸出対応は陸上戦」と、面白い表現した登壇者がいましたが、まさしくそうだなと。空中戦と陸上戦が交わった時に大きな勝利が得られるのだなぁと思い、これは1つの時代背景でもあるのかなと感じました。

裏を返すと、日本でそこまで認知度がない商材でも、中国市場にあった使用感、求められる効果、デザインイメージ、そして適切なPR(これが大きい)、インフルエンサーという個人から個人への拡散力と情報発信力が加わり、口コミ人気から正式輸出へ切り替えることで、大きな市場が取れるのだということです。

ブースにおいても、インフルエンサーを招いてリアル動画発信で商品説明から商品購入などを展開している企業も多く見受けられました。これこそ本当のリアル店舗ですね。

中国は偽造が多いので、販売代理人も本物を扱っているという証明を顧客伝えるのに力を入れていて必死感(パワー)が伝わりました(笑)。
また、ここで問題なのは代理人を増やしすぎると商品の価格競争に巻き込まれ、商品価値がなくなること。これもメーカーにとっては永遠の課題です。

今後、ますます規制が厳しくなる越境市場で、来年2019年の日本館はどんな感じになっているのだろうか。スピードが早い中国に日本はついていけるのか、市場はどうかわっているのか。来年は出店側として参加するので楽しみです!

PS 連日、展示会が終了するタイミングはタクシーがつかまりません、個人アプリ対応の車両もつかまらない、会場の入り口にある電車も人数規制で入り口が封鎖され電車利用もできず・・・。車両を捕まえたと思えば高額な料金提示。どちらにせよ迎えを呼んでも長蛇の渋滞で動かないです(涙)。
来年はここも対策します!

そして、毎回クライアントに連れて行ってもらうザリガニ料理・・・、やっぱりまだ無理そうですw

→次回は「アメリカ・サンディエゴ編」(12月12日公開予定)をお届けします。お楽しみに!

展示会への道中や、参加中のリアルな声などは、SNSで発信しています。是非コラムと併せてチェックしてください♡
・バイヤー野須子の Facebook アカウント

松田野須子

松田野須子

投稿者プロフィール

・生年月日:1977年8月17日
・血液型:A型
・趣味:温泉巡り
・好きなもの:愛・絆
・好きなタイプ:一緒にいて楽な人
・好きな言葉:最大の敵は最大の味方(逆もしかり/笑)

この著者の最新の記事

関連記事

ピックアップ記事

  1. ブランド創出の極意(ブラゴク)の『作る』カテゴリの記事 How to クラウドファンディングの メインビジュアル クラウドファンディングのプロセスを絵で表現

    2018-4-25

    How to クラウドファンディング

ブランド創出の極意 Facebook

ページ上部へ戻る